重要なお知らせエリアを非表示

REINDEER COFFEE TOKYO

SPECIALTY COFFEE blend
流通量僅か5%、最高級の豆を使用した至福の"ひと口"
Use the finest coffee specialties beans

About REINDEER COFFEE TOKYOについて

コーヒーの最高級グレード
スペシャルティ珈琲豆を使用

私たちがご提供する珈琲は、日本、アメリカ、欧州のスペシャルティコーヒー協会からの高い評価を得ている珈琲豆になります。 豆一粒一粒の品質を手作業で確かめ、品質管理が徹底されたレインフォレストアライアンス及び、オーガニック認証を取得している農園からその年によって収穫量が限られ約“5%ほどしか市場に流通しない希少な豆”を独自のルートで輸入、その日の気温・湿度を考慮し、ブランド専任の焙煎士が秒単位で丁寧にローストしております。 なお、“各国協会が定めた厳しい審査基準をクリアしている豆”がスペシャルティ(最高級グレード)コーヒーです。

私たちの「コーヒーへのこだわり」

  • 01

    最高品質へのこだわり

    Best quality
    最高品質へのこだわり スペシャリティコーヒーの市場への流通量はおよそ5%程度であり、スペシャリティグレードの認証基準は以下の4つになります。 (1)トレーサビリティー(生産履歴)の明確化 (2)味に対する高評価 (3)個性的な風味 (4)ハンドピックによる高品質化 です。
    (1)は、「誰がどのように栽培し、生産から消費までの流れが明確化されているもの」を言います。(2)、(3)は、日本、アメリカ、欧州のスペシャルティコーヒー協会からの高い評価を得ている珈琲豆になります。そして一番重要な点が(4)になります。珈琲豆は農産物である以上、必ず豆一粒一粒の品質にムラがあります。それを手作業(ハンドピック)で取り除くことで品質を高め、協会からの高評価を得ることができ、結果として最高品質(スペシャリティグレード)の基準を満たすことができます。そして美味しい最高品質のコーヒーを皆さんのお手元に届けることができます。
  • 02

    ブレンドへのこだわり

    Brend coffee
    私たちのブレンドコーヒーはブランド専任のブレンダー(焙煎士)が、その年によって収穫量が限られ、5%ほどしか市場に流通しない希少な豆をその日の気温、湿度、豆の状態に合わせて秒単位で焙煎しております。
    焙煎は国内(静岡県)で行われ、ブレンド用に選び抜かれた7種類のスペシャリティグレードの豆を、特別な割合でブレンドし、産地(銘柄)の豆の風味を更に活かすよう1銘柄ずつ焙煎、アフターミックス(焙煎後の豆同士をブレンド)にてブレンドしております。
    また、珈琲専門店のような香りとコクを楽しんでいただけるよう通常の約2倍の量をドリップバックに封入(一般的な封入量は8g程度)しており、和洋スイーツにも良く合う味わい深い重めのブレンドになります。
  • 03

    貼箱へのこだわり

    Special box
    私たちのスペシャリティコーヒーを包むのは、手作業で制作している貼箱です。職人である貼士が一つ一つ丁寧に作った貼箱は細部にわたるまできめ細かく、芸術品です。
    ブランドカラーの「朱色」を基調とした貼箱は重量感があり、お客様への贈答品、結婚式、イベント、手土産、レセプション等、様々なお祝い事にも対応します。
    もちろんのし対応も可能です。 ブレンドは一種のみですが、貼箱のバリエーションは豊富で内容やご予算、飲み方に応じてカスタマイズすることも可能です。
PickUpエリアを非表示

農園の環境保護活動を支持

私たちのブレンドに使用している産地(銘柄)はレインフォレストアライアンスの認証を得ている農園の豆を積極的に取り入れています。
レインフォレストアライアンスとはアメリカニューヨークに本部を置く国際的(世界規模の)環境保護団体です。
毎年厳しい基準をクリアした農園に認証されるもので、農園とその周辺の生態系・自然資源の保全、使用農薬の規制や廃棄物の管理、労働者と地域コミュニティの福利厚生など、環境的、経済的基準を満たした農園で栽培された農産物は「レインフォレストアライアンス認証(RA認証)」を得ることができます。
珈琲豆(コーヒーチェリー)もその対策のひとつで、RA認証を受けた商品を購入すると、商品生産者の生活の安全、生産性の向上にもつながり、安定した生活の元で環境へ配慮した農産を行うことになり、熱帯雨林の保護につながる、というサイクルを生み出します。私たち(そしてお客様)はRA認証取得の農園の豆を導入することで、環境を保護し、持続可能な開発を支持しています。